自宅で出来る節電方法

電気を節約するためには、「使わないこと」に尽きるのですが、現代社会において、電気を使わない生活はほぼ不可能といえるでしょう。まずは無駄な電気を使わないという視点で、家庭での無駄な電気を見つけていきましょう。

見てないのにテレビが付けっぱなしのご家庭も多いことでしょう。
誰もいないのに部屋の電気が点けっぱなしということも多いのではないでしょうか。
使わない電気は消すことが節電の鉄則ですが、テレビの明るさを落とすだけでも消費電力は減少します。
廊下などの電球をLED電球に取り替えたり、ワット数の少ないものに取り替えることも簡単にできる節電法です。

電気を大量に消費するエアコンの設定温度を2度下げてみたり、1時間使う時間を短くするだけでも電気は節約できます。
エアコンの設定温度を下げて、扇風機を併用すれば、冷房効果もアップし節電につながります。
寝苦しい夜には、保冷剤を使って頭を冷やすと安眠できますし、寒い冬場は、湯たんぽで暖を取るのも健康的です。

また、冷蔵庫も大きく電気を消費します。冷蔵庫の開け閉めを必要最小限にしたり、余熱が冷めてから冷蔵庫に入れるようにしたり、設定温度を高めにしたりすることで節電できます。

オール電化を取り入れるご家庭も増えてきましたが、設備代や設置費用、ランニングコストなどを考えると、光熱費の節約につながるとは一概には言えないようです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ